2013年04月22日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 8タブレットがiPadを超える日――企業の選択はモバイル市場では覇者となるか

多くの企業が従業員へのタブレット配布を検討している。そうした中、調査会社、米Moor Insight & Strategyのアナリストは、iPadではなくWindows 8タブレットを推奨している。

[Ed Hardy,TechTarget]

Windows 8タブレットはiPadと十分に戦える

 Moor Insight & Strategyのアナリスト、パトリック・ムーアヘッド氏は、「多くの企業がAppleのタブレットを選ぶ理由は十分理解できる」と話す。

 「iPadが市場に登場してから数年、この製品のデザイン、バッテリー寿命、シンプルさ、価格のバランスは非の打ちどころがなかった。一方、Windowsを搭載したタブレットは、いずれも高価で使いにくく壊れやすかった」

 しかしムーアヘッド氏によると、そうした状況はWindows 8のリリースと“Clover Trail”と呼ばれるIntelAtomプロセッサの登場で変化したという。この2つ技術の組み合わせで、「Apple製品と十分に競争できるタブレットを製造できるようになった」という。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...