2013年04月22日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 8タブレットがiPadを超える日――企業の選択はモバイル市場では覇者となるか

多くの企業が従業員へのタブレット配布を検討している。そうした中、調査会社、米Moor Insight & Strategyのアナリストは、iPadではなくWindows 8タブレットを推奨している。

[Ed Hardy,TechTarget]

Windows 8タブレットはiPadと十分に戦える

 Moor Insight & Strategyのアナリスト、パトリック・ムーアヘッド氏は、「多くの企業がAppleのタブレットを選ぶ理由は十分理解できる」と話す。

 「iPadが市場に登場してから数年、この製品のデザイン、バッテリー寿命、シンプルさ、価格のバランスは非の打ちどころがなかった。一方、Windowsを搭載したタブレットは、いずれも高価で使いにくく壊れやすかった」

 しかしムーアヘッド氏によると、そうした状況はWindows 8のリリースと“Clover Trail”と呼ばれるIntelAtomプロセッサの登場で変化したという。この2つ技術の組み合わせで、「Apple製品と十分に競争できるタブレットを製造できるようになった」という。

 同氏は、「タブレット導入を検討する企業は、まず『HP ElitePad 900』『Lenovo ThinkPad Tablet 2』、そして『Dell Latitude 10』をチェックしてみるべきだ」と推奨する。これらの製品はMicrosoftとIntelの最新技術を最も効果的に組み合わせているからだ。

 また、どの製品も解像度やピクセル密度は低いとはいえ、iPadより大きなディスプレーを搭載している。Clover Trailプロセッサにより、バッテリー寿命でもiPadと肩を並べる。ITスタッフに頼めばバッテリー交換も可能と、iPadにはできないことばかりだ。さらにムーアヘッド氏は、AppleがiPadのシンプルさを優先して周辺機器のサポートに消極的な点も挙げる。その点Windows 8タブレットはUSBポートやSDスロット、ビデオ出力を標準装備している。

既存のWindows環境と親和性が高いWindows 8タブレット

 ムーアヘッド氏は「エンドユーザーが重視する機能に注目すれば、Windows 8タブレットとApple iPadはほぼ肩を並べる。しかし、大企業が求めるデバイス管理機能、セキュリティ機能を見ればMicrosoftのOSが一歩先行する」と指摘する。

 これまで大企業はWindowsを搭載したノートPCやデスクトップPCを利用してきた。そのため、同じOSを搭載するタブレットであれば、セキュリティや管理に既存のツールを利用できるという優位性がある。この環境にiOSタブレットを組み込むとなると、IT部門は新しいツールを見つけなければならない。

 ムーアヘッド氏は、「エンドユーザーはスタイル、シンプルさ、利便性を求め、IT部門はライフサイクルコストが最も低くなることを求める。例えば現行インフラと一貫性のあるセキュリティ、プロビジョニング、管理、配備、サポート、サービスなどを重視する」と解説。「双方のニーズを満たすベストな製品は、Windows 8を搭載したタブレットだ」と結論付ける。

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...