2013年06月11日 08時00分 公開
特集/連載

どこでも使える無料のWi-Fi、実現は1〜2年後かスーパーWi-Fi実現の可能性【後編】

無料で電話やインターネットが使えるスーパーWi-Fiネットワーク構想。連邦政府は計画を着々と進めてはいるが、その実現の可能性はどのくらいあるのだろうか?

[Jeff Dunn,TechTarget]

 米Washington Post紙が2013年2月に報じた、無料で電話やインターネットが使える「スーパーWi-Fiネットワーク構想」が物議をかもしている。これを受けて、前編『“どこでもつながる無料のWi-Fi”いよいよ実現か』ではスーパーWi-Fiネットワークの概要と実現の課題についてお伝えした。後編では実現の可能性を考える。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...