2013年10月24日 15時00分 公開
特集/連載

Appleの遠い背中……競合ベンダーの失敗/復活ストーリースマホ2強時代の生き残り戦略とは

今やスマートフォン市場は米Appleと韓国Samsungに席巻されている。中国Huaweiなどの競合企業がこの2強時代を生き抜くにはどうしたらいいのだろうか。

[Jennifer Scott,Computer Weekly]

 スマートフォン市場を席巻する米Appleと韓国Samsungは、より規模の小さな競合企業にとって脅威の存在だろう。だが、そうした状況下でも、顧客を勝ち取る方法がある、と中国Huaweiのモバイル担当幹部は考えている。

 中国深センにある同社本社で取材に応じたデバイス担当副社長のシャオ・ヤン氏は、携帯電話メーカーを取り巻く現在の状況を、通信業界の歴史を引き合いに出して説明した。

Appleは昔のEricssonに似て傲慢

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...