2013年10月24日 15時00分 公開
特集/連載

Appleの遠い背中……競合ベンダーの失敗/復活ストーリースマホ2強時代の生き残り戦略とは

今やスマートフォン市場は米Appleと韓国Samsungに席巻されている。中国Huaweiなどの競合企業がこの2強時代を生き抜くにはどうしたらいいのだろうか。

[Jennifer Scott,Computer Weekly]

 スマートフォン市場を席巻する米Appleと韓国Samsungは、より規模の小さな競合企業にとって脅威の存在だろう。だが、そうした状況下でも、顧客を勝ち取る方法がある、と中国Huaweiのモバイル担当幹部は考えている。

 中国深センにある同社本社で取材に応じたデバイス担当副社長のシャオ・ヤン氏は、携帯電話メーカーを取り巻く現在の状況を、通信業界の歴史を引き合いに出して説明した。

Appleは昔のEricssonに似て傲慢

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...