知っておきたい4つのLinuxディストリビューション、ユーザー目線で比較するソフトウェアの違いより重要な問題

全てのエンタープライズサーバに最適なLinuxディストリビューションは存在しない。最適なディストリビューションは企業のニーズによって異なる。

2014年06月26日 15時00分 公開
[Sander van Vugt,TechTarget]

 今日、Linuxは、自由に構成できる無償のOSというものではなくなっている。重要な業務アプリケーションがLinuxで実行されている。企業が一般的なLinuxディストリビューションを比較するときに重視するのは、全スタックでサポートが提供されているかどうかだ。魅力的な機能セットが提供されているかどうかだけではない。

 サーバ管理者にとっての懸念事項は、OSのメンテナンスライフタイムとサポートだ。メンテナンスライフタイムは、Linuxディストリビューションの提供元が製品のパッチやアップデートを提供する期間である。サポートには「アプリケーション」「ハードウェア」「トラブルシューティング」の3種類がある。企業がデータセンターでLinuxを使用している場合、最良のメンテナンスライフタイムとサポートを獲得するために費用は惜しまない。

無料のLinuxディストリビューション

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

コカ・コーラ流 生成AIをマーケティングに活用する方法(無料eBook)
生成AIがこれからのマーケティングをどう変えるのかは誰もが注目するテーマ。世界最先端...

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...