2014年06月26日 15時00分 公開
特集/連載

ソフトウェアの違いより重要な問題知っておきたい4つのLinuxディストリビューション、ユーザー目線で比較する

全てのエンタープライズサーバに最適なLinuxディストリビューションは存在しない。最適なディストリビューションは企業のニーズによって異なる。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 今日、Linuxは、自由に構成できる無償のOSというものではなくなっている。重要な業務アプリケーションがLinuxで実行されている。企業が一般的なLinuxディストリビューションを比較するときに重視するのは、全スタックでサポートが提供されているかどうかだ。魅力的な機能セットが提供されているかどうかだけではない。

 サーバ管理者にとっての懸念事項は、OSのメンテナンスライフタイムとサポートだ。メンテナンスライフタイムは、Linuxディストリビューションの提供元が製品のパッチやアップデートを提供する期間である。サポートには「アプリケーション」「ハードウェア」「トラブルシューティング」の3種類がある。企業がデータセンターでLinuxを使用している場合、最良のメンテナンスライフタイムとサポートを獲得するために費用は惜しまない。

無料のLinuxディストリビューション

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...