2014年06月26日 15時00分 UPDATE
特集/連載

ソフトウェアの違いより重要な問題知っておきたい4つのLinuxディストリビューション、ユーザー目線で比較する

全てのエンタープライズサーバに最適なLinuxディストリビューションは存在しない。最適なディストリビューションは企業のニーズによって異なる。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 今日、Linuxは、自由に構成できる無償のOSというものではなくなっている。重要な業務アプリケーションがLinuxで実行されている。企業が一般的なLinuxディストリビューションを比較するときに重視するのは、全スタックでサポートが提供されているかどうかだ。魅力的な機能セットが提供されているかどうかだけではない。

jo_tt_140625_ss1.jpg

 サーバ管理者にとっての懸念事項は、OSのメンテナンスライフタイムとサポートだ。メンテナンスライフタイムは、Linuxディストリビューションの提供元が製品のパッチやアップデートを提供する期間である。サポートには「アプリケーション」「ハードウェア」「トラブルシューティング」の3種類がある。企業がデータセンターでLinuxを使用している場合、最良のメンテナンスライフタイムとサポートを獲得するために費用は惜しまない。

無料のLinuxディストリビューション

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...