2011年09月29日 09時00分 公開
特集/連載

LinuxカーネルのXenサポートで、Xenのシェアは広がるかオープンソースにおける仮想化勢力の変遷

LinuxカーネルでようやくXenがフルサポートされることになった。一方Red Hatは、Red Hat Enterprise Linuxの最新リリースで、Xenに変えてKVMを採用している。今後Xenのシェアはどう変わるのか。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 LinuxカーネルでようやくオープンソースのハイパーバイザーXenがフルサポートされることになった(参考:LinuxカーネルがXenをフルサポートへ──「少な過ぎ、遅過ぎ」の感も)。これによってオープンソースの仮想化の勢力図はどのように変わるのだろうか?

 5年前、オープンソースのXenは、仮想化における次の目玉だった。無償でオープンなXenは、VMware ESX/ESXiからかなりの市場シェアを奪うものと目されていた。しかし、それが現実となることはなかった。原因の1つは、XenがLinuxカーネルに組み込まれていなかったことだ。その障害は取り除かれたが、KVM(Kernel-based Virtual Machine)の出現により、依然としてXenの行く手は険しい。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...