2014年09月04日 08時00分 公開
特集/連載

「Google Chrome」で周囲の会話が“ダダ漏れ”? 音声検索機能に危険はないか研究者が指摘、Googleは「安全」とコメント

Googleのブラウザ「Google Chrome」の音声認識機能に関連したバグにより、電話や会話を盗聴される可能性があるという。この脅威を防ぐにはどうすればいいのだろうか。

[Michael Cobb,TechTarget]

 研究者のタル・アーター氏はブログ記事の中で「Chromeのバグを利用すれば、プライベートな会話をWebサイトから盗聴できる」と指摘する。一方、Googleは「Chromeの音声認識機能は安全であり、W3C(World Wide Web Consortium)のWeb Speech API規格に準拠している」と述べている。

 これがセキュリティ上の問題なのかデザイン上の欠陥なのか、あるいはそのどちらでもないのかという点はさておき、ユーザーはChromeの音声認識機能の存在を意識し、個人情報や社内情報を危険にさらすことなく同機能を利用する方法を知っておかねばならない。

あなたの会話は盗聴されている?

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

「ナラティブカンパニー」だけがなぜ生き残るのか
「物語的共創構造」を意味するナラティブ(narrative)は企業視点のストーリー(story)...

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...