2014年11月10日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 8.1」になっても重要なバックアップ、“こと”が起きる前に行うには備えあれば憂いなし

「Windows 8.1」には、従来版と異なる点がある。それは「バックアップと復元」機能が搭載されていないことだ。そのため、データのバックアップと復元には「ファイル履歴」とその他の障害復旧機能を使用しなければならない。

[Ed Tittel,TechTarget]

 米MicrosoftのクライアントPC向けOS「Windows 8.1」は安定性に定評がある。だが、どんなシステムでもトラブルが全く発生しないというわけではない。特に、グラフィックスカードをはじめ、新たなデバイスのドライバをインストールした後や休止状態から復旧する際に、起動の問題が生じることもある。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...