2014年11月10日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 8.1」になっても重要なバックアップ、“こと”が起きる前に行うには備えあれば憂いなし

「Windows 8.1」には、従来版と異なる点がある。それは「バックアップと復元」機能が搭載されていないことだ。そのため、データのバックアップと復元には「ファイル履歴」とその他の障害復旧機能を使用しなければならない。

[Ed Tittel,TechTarget]

 米MicrosoftのクライアントPC向けOS「Windows 8.1」は安定性に定評がある。だが、どんなシステムでもトラブルが全く発生しないというわけではない。特に、グラフィックスカードをはじめ、新たなデバイスのドライバをインストールした後や休止状態から復旧する際に、起動の問題が生じることもある。

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...