2015年01月24日 09時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:本命「Chromebook」が東芝から登場、手放しで絶賛される理由は13.3インチフルHDディスプレーを搭載

初代機には辛口評価も寄せられた東芝のChromebookが大幅にグレードアップした。高品質なディスプレーやパフォーマンス、全体の質感が高く評価される。注目Chromebookのレビューをお届けする。

[Diana Hwang,TechTarget]

関連キーワード

Chromebook | Chrome OS | Windows 10


 東芝はChrome OS搭載ノートPCの新モデル「Chromebook 2」でノートPC市場のスイートスポットを捉えた。米TechTarget編集部はこれまで幾つか低価格Chromebookをレビューし、「パワーが足りず、重要な機能が欠けている」と批判してきたが、このノートPCはカジュアルユーザーの大半に、自分がフル装備のWindows PCではなくChrome OSを使っていることを忘れさせるほど十分な性能を備えている。

 今回レビューしたのは、1080pの13.3インチフルHDディスプレーを搭載する東芝「Chromebook 2」(CM35-B3340)だ。希望小売価格は329ドル99セント。低価格ノートPCを探している大半の一般ユーザーにとっては十分に実用的であり、仕事で各種のGoogleサービスに依存しているプロフェッショナルなユーザーにも十分に対応できそうだ。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、2015年に企業が注目すべき最新技術の関連記事を集約したテーマサイト「はやる技術を先取りチェック 大胆予測、2015年に伸びる注目技術はこれだ」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」を抽選でプレゼントします。


デザイン

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...