徹底比較:MacでWindowsを実行する3つの方法Boot Camp、Wine、仮想Windowsのメリット/デメリット

Mac OSデバイスでWindowsを実行する最良の方法は、パフォーマンス、オープンソースサポート、集中管理のどれが必要かによって異なる。

2015年02月07日 09時00分 公開
[Ric Getter,TechTarget]

関連キーワード

Mac | Windows | Oracle(オラクル) | VMware


 MacでWindowsを実行したい理由はいくらでもありそうだ。「Mac専用とWindows専用のアプリケーションを実行する必要がある」という切実な理由もあれば、「単にAppleのiOSが好き」という理由もあるかもしれない。また、MacでWindowsを実行するのは、ウイルスだらけかもしれないWindows環境をいじる上でかなり安全な方法でもある。Macでは、Windowsの脅威とは全く無縁のファイルやOSが実行されているからだ。

 どんな理由であれ、同じマシンで両OSを動かす方法にはさまざまな選択肢がある。

AppleのBoot Camp

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...