2015年03月10日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10無料化に“落とし穴”、小型タブレットが避けられない制限とはヒットは確実? 実は多数ある採用を遅らせる要因

「Windows 10」のプレビュー版は、「Windows 8」のユーザーインタフェースを嫌う人たちへの歩み寄りを示す内容となっている。だが、画面サイズの制限や「Windows Server」が同時にリリースされないことなどが影響し、採用が遅れる可能性もある。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 米Microsoftは2015年1月、次期OS「Windows 10 Technical Preview」の最新ビルドを公開した。テクニカルプレビュー版は誰でも無料でインストール可能で、最新の開発状況を確認することができる。

 一部のアナリストや専門家の予想とは異なり、最新ビルドは次期OSの概要を示すだけにとどまっていない。Microsoftは、現行OS「Windows 8/8.1」に対する不満の声に耳を傾け、歩み寄ろうとしている。

 新たな技術の開発と斬新な製品の創出という点においても、Microsoftはまだその能力を失っていないことを示した。新デバイス「Microsoft HoloLens」はその大きな証拠の1つだ。

 それでは、最新ビルドについて企業が注目すべき点はどこなのだろうか。本稿では、最新のプレビュー版を基にそのポイントを紹介する。

Windows 10のインタフェースで原点回帰

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...