「SSD革命」がVDIのコストを下げるコストもパフォーマンスもストレージ次第(2/2 ページ)

2015年06月15日 15時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]
前のページへ 1|2       

フラッシュの革命

 フラッシュアレイは、従来のHDDとは比較にならないほどの高いレベルのパフォーマンスを提供する見込みがある。オールフラッシュアレイは、より多くの仮想マシンにより多くのIOPS提供できる。これは起動時間の短縮と全レベルのパフォーマンスの向上につながる。

 フラッシュアレイの最大の課題はコストだ。パフォーマンスを高めるには、標準的なSANの5〜10倍という非常に高額なコストが掛かる。その結果、一部の企業は各ホストに多くのデスクトップを配置することを余儀なくされ、システムが処理するI/O負荷が高まるため、フラッシュストレージがもたらす多くの恩恵が相殺されている。

 一部の企業はオールフラッシュアレイを導入することなく、フラッシュテクノロジーを活用するストレージツールを採用している。例えば、ハイブリッド製品は、従来のSANとSSDを統合して単一のシステムを作成している。

 フラッシュテクノロジーとSSDテクノロジーを、データの格納ではなくデータのキャッシュに使用するというアプローチもある。このアプローチでは、企業は大規模な投資を行うことなく、多くのパフォーマンスのメリットを享受できるようになる。特にSAN製品をデータセンターに配置している場合は、多くのメリットが得られる。キャッシュソフトウェアは大部分のアクティブデータをフラッシュSSDに保持し、その他のデータを基盤のストレージシステムに保持する。管理者はフラッシュキャッシュ機能をサーバ側で実装して、ネットワークトラフィックを削減したり、キャッシュプロセスを最適化することもできる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...