2015年06月15日 15時00分 公開
特集/連載

コストもパフォーマンスもストレージ次第「SSD革命」がVDIのコストを下げる (1/2)

階層化、ペルソナの管理ツール、フラッシュアレイは、仮想デスクトップユーザーの満足度を維持しながらVDIストレージのコストを抑えるのに役立つ。

[Robert Sheldon,TechTarget]
VDI製品選びの重視点(参照:TechTargetジャパン2014年1月読者調査)《クリックで拡大》

 これまでVDI(デスクトップ仮想化インフラ)ストレージのコストは非常に高額だった。そのため、企業はパフォーマンスを妥協するかVDIの使用を諦めるしかなかった。だが、現在はパフォーマンスを妥協することなく必要な種類の仮想デスクトップを導入するために企業が使用できるオプションは多数用意されている。

 当初、VDIベンダーは管理を簡易化してコストを削減する方法としてVDIを販売していた。だが、ストレージコストの増大によって、VDIの使用を望む企業はコストを最小限に抑える方法を見つける必要があった。VDIストレージに関しては、コストを削減するとパフォーマンスに悪影響が及ぶことが少なくなかった。ユーザーの操作性が損なわれるため、多くの企業はVDIを諦めていた。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

news143.jpg

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...