ソニーが明かす“障害頻発”写真共有サービスの再構築、AWS活用でどう改善?「AWS Summit Tokyo 2015」リポート:ソニー(2/2 ページ)

2015年06月17日 08時00分 公開
[荒井亜子TechTargetジャパン]
前のページへ 1|2       

新システムでは共通基盤を最小限に

 新システム基盤では、共通基盤を最小限に(ユーザー認証、プロファイル管理に限定)し、サービス側に機能を持たせることにした。それによって、どのサービスにどのくらいのコストが掛かっているかが分かる他、スケールしやすい構造になった。複雑だったアーキテクチャをできるだけシンプルにするため、共通言語による開発で効率化を促す。また、開発チームと運用チームをサービスごとに分離し、DevOpsができるよう最適化を図った。最新ツールや外部サービスも使い、自動化と運用効率化を進める。

図3 システム再構築の方針(出典:ソニー)《クリックで拡大》

 ソニーは以下4つの目標を掲げ、開発環境の作り直しを図った。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...