2015年06月17日 08時00分 公開
特集/連載

「AWS Summit Tokyo 2015」リポート:ソニーソニーが明かす“障害頻発”写真共有サービスの再構築、AWS活用でどう改善? (2/2)

[荒井亜子,TechTargetジャパン]
前のページへ 1|2       

新システムでは共通基盤を最小限に

 新システム基盤では、共通基盤を最小限に(ユーザー認証、プロファイル管理に限定)し、サービス側に機能を持たせることにした。それによって、どのサービスにどのくらいのコストが掛かっているかが分かる他、スケールしやすい構造になった。複雑だったアーキテクチャをできるだけシンプルにするため、共通言語による開発で効率化を促す。また、開発チームと運用チームをサービスごとに分離し、DevOpsができるよう最適化を図った。最新ツールや外部サービスも使い、自動化と運用効率化を進める。

図3 システム再構築の方針(出典:ソニー)《クリックで拡大》

 ソニーは以下4つの目標を掲げ、開発環境の作り直しを図った。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...