2016年06月19日 07時00分 公開
特集/連載

要素別に比べてみた徹底比較: Surface Pro 4 vs. ThinkPad X1 Tablet、比べて分かった最強タブレットの“選ばれる理由” (2/5)

[Jamison Cush,TechTarget]

端子と入力

 Surface Pro 4には下記の端子が付いている。これらは、堅実な端子のラインアップといえよう。

  • USB 3.0入力端子
  • 専用のマグネット式充電端子
  • Mini DisplayPort
  • microSDカードリーダー
  • ヘッドセットジャック
  • Microsoftの「Surfaceタイプカバー」用のスマート接続端子

 ThinkPad X1 Tabletも端子のラインアップは似ている。異なる点は、マグネット式充電端子の代わりに新しいコネクタ企画「USB Type-C」端子を採用していることと、Kensingtonの「セキュリティロック」のスロットが用意されていることだ。搭載端子のチョイスはThinkPad X1 Tabletの方が優れている。

ThinkPad X1 Tabletは端子のラインアップが素晴らしい《クリックで拡大》

まとめ

 ThinkPad X1 Tabletに搭載された端子のチョイスは、これまでレビューしたデバイスの中でも最高といえる。現在の標準はUSB 3.0だが、近い将来USB Type-Cになる。軽量薄型を明確に打ち出していないハイエンドデバイスは全て、両方の端子を搭載すべきだ。Surface Pro 4のマグネット式充電端子は見事だが、充電以外に使い道がない。その点、USB Type-Cは充電を含め、複数の用途で利用できる。ThinkPad X1 Tabletのセキュリティロックのスロットは、素直にありがたい。


ディスプレイ

Surface Pro 4のディスプレイは映り込みを抑えた素晴らしいもの

 Surface Pro 4のディスプレイは、市場でも最高品質ディスプレイの1つだ。色は正確で、映り込みがしっかりと抑えられている。MicrosoftはこのディスプレイをLED「PixelSense」ディスプレイと呼んでいる。サイズは12.3インチで、解像度は2736×1824ピクセルだ。アスペクト比は3:2で、画素密度は267ppiとなっている。

 ThinkPad X1 TabletのIPSディスプレイはそれよりも小さく、対角線サイズは12インチだ。解像度は2160×1440ピクセル、アスペクト比は3:2で、画素密度は217ppiである。

 いずれのタブレットもディスプレイはCorningの「Gorilla Glass 4」で保護されている。また、10点マルチタッチとアクティブペンに対応している。

まとめ

 ディスプレイに関しては、ThinkPad X1 TabletよりもSurface Pro 4の方が優秀だ。ThinkPad X1 Tabletも悪くはない。色彩の精密さはSurface Pro 4に匹敵するほどだ。ピクセル密度と映り込みの少なさの違いについては、並べて比較しない限り分からない。


ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...