2016年06月19日 07時00分 公開
特集/連載

徹底比較: Surface Pro 4 vs. ThinkPad X1 Tablet、比べて分かった最強タブレットの“選ばれる理由”要素別に比べてみた(4/5 ページ)

[Jamison Cush,TechTarget]

機能とアクセサリー

ThinkPad X1 Tabletプロダクティビティモジュールを使うと追加の端子を利用できるうえ、バッテリー持続時間が延びる

 LenovoはThinkPadアクセサリーの提供に熱心で、ThinkPad X1 Tabletにはスマートコネクタを活用したアクセサリーが3つ用意されている。

 Lenovoの「ThinkPad X1 Tabletプロダクティビティーモジュール」は、149ドル(2万5000円)で販売されており、フルサイズHDMI端子、USB 3.0端子、Lenovoの「OneLink+」接続ドックコネクタが搭載され、5時間分のバッテリーが増強される。Leonovoの「ThinkPad X1 Tablet 3Dイメージングモジュール」は、背面にIntelの「RealSense R200」3Dカメラが追加されることにより、ThinkPad X1 Tabletを3Dスキャナーとして使用できるようになる。また、「ThinkPad X1 Tabletプレゼンターモジュール」にはフルサイズHDMI端子が搭載され、2メートルの距離から60型のディスプレイを投影できるピコプロジェクターが組み込まれている。

 Surface Pro 4にもさまざまなアダプターとドッキングステーションがあるが、ThinkPad X1 Tabletの各種モジュールほどの独自性を持つものはない。Microsoftの「Surface 2」には、バッテリー持続時間を延ばす「Power Cover」と、オーディオのミキシングができる「Remix Cover」という、独自のアクセサリーが用意されていた。だが、このような方向性のアクセサリーは新しいSurface Proシリーズのタブレットには継承されなかった。

 ThinkPad X1 Tabletにも、指紋認証センサーがある。横向きにしたとき、ディスプレイの右側にあるのがそれだ。しかし、SurfaceのType Coverに搭載の指紋認証センサーと同様、感度があまり良くない。指紋認証をテストしたところ、指紋が認識されるまで、指をかなりの回数押し当てなければならなかった。

まとめ

 ThinkPad X1 Tabletのモジュールは非常に魅力的だ。革新的な機能があり、スマートコネクタをうまく生かしている。Surface Proシリーズにも幾つか同様のアクセサリーが登場するのを期待したい。難点の指紋認証センサーについてだが、ThinkPad X1 Tabletは及第点だ。Surface Pro 4で同様の機能を使うには、Surface Pro 4 Type Coverより30ドル(4080円)高い指紋認証センサー搭載のType Coverを購入する必要がある。だが、その精度はやはり信頼性が低い。


キーボード

 どちらのタブレットも、マグネット式のキーボードカバーが別売りされている。いずれも同じくらいのサイズのアイソレーションキーボードで、傾斜のあるデザインをしている。ほとんど瓜二つだ。この2つは、これまでレビューした中でも優れた部類のモバイルキーボードだといえよう。キーストロークは1.25〜1.3ミリで、快適なタイピングに必要な最低限に近いキーストロークが確保されている。

 ThinkPad X1 Tabletのキーボードは、ThinkPadシリーズの象徴である「TrackPoint」とボタンで判別できる。ThinkPad愛好者にとっては、これが大きなポイントになる。他のユーザーは、ThinkPad X1 TabletにもSurface Pro 4のType Coverのような使いやすいトラックパッドが欲しいと感じるだろう。Type CoverのトラックパッドはThinkPad X1 Tabletキーボードのものよりもわずかに大きく、指をスムーズに滑らせることができるようになっている。

左がSurface Pro 4のType Cover(指紋認証センサー付き)、右がThinkPad X1 Tabletキーボード(TrackPoint付き)

まとめ

TrackPointが重要な場合、ThinkPad X1 Tabletキーボードが最適だ。そうでなければ、Surface Pro 4のType Coverのトラックパッドが気に入るだろう。


ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...