2016年06月19日 07時00分 公開
特集/連載

徹底比較: Surface Pro 4 vs. ThinkPad X1 Tablet、比べて分かった最強タブレットの“選ばれる理由”要素別に比べてみた(5/5 ページ)

[Jamison Cush,TechTarget]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ペン

 どちらのタブレットにも、アクティブペンが付属している。Microsoftの「Surfaceペン」は、N-trigのテクノロジーを搭載しており、同梱の単6形乾電池で動作する。デザインはSurface Pro 3のペンから一新されている。以前のペンより長くなっており、サイドに2つあったボタンは1つに減った。Surface Pro 4にマグネットで装着するためのフラットな面が追加されており、握りやすさが向上している。Surfaceペンは筆圧を1024段階で検知できる。ペンの頭の消しゴムは、Microsoftの「OneNotes」や「Cortana」の起動、スクリーンショットの撮影などを素早く実行するためのボタンとして機能する。

 Lenovoの「ThinkPad Pen Pro」はWacomのテクノロジーをベースとしており、やはり同梱の単6電池で動作する。2048段階の筆圧検知が可能で、2つのボタンを用意している。ThinkPad X1 Tabletにこのペンを格納するには2つの選択肢がある。1つはキーボードに装着するホルダーで、もう1つはUSB端子に装着するホルダーだ。

 さらりとした書き味では、ThinkPad Pen Proの方が上だ。一方、Surfaceペンは、自然で、紙に鉛筆で書くような抵抗がある。テストしたところ、ペン端の検知ではSurfaceペンの方が優れているが、ゆっくり描いた線の滑らかさに関してはThinkPad Pen Proが勝っている。重さのバランスと握り心地に関しては、両者互角だ。

ThinkPad X1 Tablet(左)とSurface Pro 4(右)のペンでの入力テスト

まとめ

 ThinkPad Pen ProはSurfaceペンの2倍の筆圧感知性能があるが、Surface Pro 4のペンに対するしっかりとした抵抗感、大きなディスプレイ、より強力な構成を選べるモデルのラインアップ、優れたキックスタンドは、デジタルアーティストの心を決めさせるのに十分な要素だ。だが、ペンの使用感を詳細にチェックすると、どちらのペンも良くできているので、デバイスの選択には個人の好みが大きな役割を果たしそうだ。

 普段からペンを使うユーザーには、Surface Pro 4とSurfaceペンの組み合わせをお勧めしたい。まず、マグネット式の着脱部が洗練されていて便利だ。また、デザインのおかげでペン自体が握りやすく、使いやすくなっており、タブレットのディスプレイに走り書きをするときに違和感がない。


Microsoft Surface Pro 4とLenovo ThinkPad X1 Tablet

Surface Pro 4とThinkPad X1 Tablet

 Surface Pro 4もThinkPad X1 Tabletも、処理能力と持ち運びやすさの両方を求める生産性重視のユーザーを満足させる優秀なデバイスだ。どちらも比較的高価なので、処理能力と持ち運びやすさのどちらかだけでよい場合は、これらのタブレットのおよそ半額で手に入る大型のノートPCまたは低価格帯のWindows 10を搭載したタブレットや2-in-1デバイスを購入する選択肢もある。

 スペックの近しいモデルを比較すると、スペックと価格は同じくらいだ。だが、企業ユーザー向きなのはThinkPad X1 Tabletだろう。耐久性が保証されており、修理ができるうえ、拡張モジュールを提供されているからだ。この特徴のおかげで、総所有コストを抑えられる可能性が高い。また、ThinkPadがビジネスユーザーに愛されているブランドだという理由もある。TrackPointを愛するユーザーも、Surface Pro 4よりThinkPad X1 Tabletを評価するだろう。

 それ以外のユーザーには、Surface Pro 4をお勧めする。上位の構成になるほどコストパフォーマンスが良く、デザインとディスプレイが卓越しているのがポイントだ。専用の充電端子はなくUSB Type-C端子だったら最高だったが、Surface Pro 4にとってはささいな問題でしかない。

前のページへ 1|2|3|4|5       

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...