2016年02月25日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10が“最後のバージョン”となる「サービスとしてのWindows」、そのメリットは?アップデートの高速化で実証

Windows 10の新コンセプトとして「Windows as a Service」(WaaS)がある。同コンセプトの下ではWindows 10がWindowsとして最後のバージョンとなる。では、そのWaaSのメリットとは? その詳細を紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]
Windows as a Service 常に最新のイノベーションを提供する "Windows as a Service"(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 Windowsの動向を伝えるニュースサイト「SuperSite for Windows」のある記事で、「Windows 10」の新しいコンセプト「Windows as a Service」(WaaS)の大きな長所が紹介された。Windows 10の更新管理機能「Windows Update」には、定期的に提供されている更新プログラムが累積されている(※)。Windows 10は、クリーンインストールから最新の状態に更新する時間が「Windows 7」や「Windows 8.1」より大幅に短縮され、簡単になった。

※更新プログラムは2015年7月のビルド(バージョン)番号「10240」(10.0.10240)から月に1、2回提供されている。


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...