2016年11月17日 12時00分 公開
特集/連載

Googleが暴いたWindowsのゼロデイ脆弱性、Microsoftは虚をつかれた?専門家から疑問の声

GoogleはMicrosoftのパッチサイクルの間隙にWindowsのゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性を公表した。専門家の間では、Microsoftがこの脆弱性の深刻度を軽視しているのではないかという声が上がっている。

[Michael Heller,TechTarget]
Windowsの脆弱性を公表したGoogleのブログ《クリックで拡大》

 Windowsのゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性への対応をめぐってMicrosoftが批判されている。

 Googleは2016年10月31日(現地時間)、Windowsカーネルのゼロデイ脆弱性を公表した。この脆弱性と「Adobe Flash」のゼロデイ脆弱性を攻撃チェーンの一環として悪用する事例が既に頻発している。Adobeは10月26日(現地時間)にAdobe Flashの脆弱性を修正した。一方、MicrosoftはWindowsカーネルの弱点を修正するパッチを11月8日になって発行した。。専門家の間では、同社の対応はこの問題の深刻度を軽視したものだとの批判の声が上がっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...