GPUがけん引する“ハード黄金時代”、ディープラーニングやAI処理で需要高まるアプリケーション開発に変化も

GPU技術はかつて主にゲーマーが関心を持つ分野だったが、今では新型GPUがシステムに搭載され、ディープラーニングやAIアプリケーションの実行に使用されるようになっている。

2017年01月13日 12時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]
GPUを使ったディープラーニング専用システム「NVIDIA DGX-1」(出典:NVIDIA)《クリックで拡大》

 IT業界ではかなり前から、ハードウェアを重視しなくなっている。だが、2017年にはディープラーニングの台頭に伴い、この状況は変わりそうだ。

 Forresterのアナリストを務めるマイク・グアルティエリ氏によると、われわれは、主にGPU(Graphics Processing Unit)がけん引するハードウェアの黄金時代に入ろうとしているのかもしれない。

GPUのニーズが増大

ITmedia マーケティング新着記事

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...