2017年01月13日 12時00分 公開
特集/連載

GPUがけん引する“ハード黄金時代”、ディープラーニングやAI処理で需要高まるアプリケーション開発に変化も

GPU技術はかつて主にゲーマーが関心を持つ分野だったが、今では新型GPUがシステムに搭載され、ディープラーニングやAIアプリケーションの実行に使用されるようになっている。

[Ed Burns,TechTarget]
GPUを使ったディープラーニング専用システム「NVIDIA DGX-1」(出典:NVIDIA)《クリックで拡大》

 IT業界ではかなり前から、ハードウェアを重視しなくなっている。だが、2017年にはディープラーニングの台頭に伴い、この状況は変わりそうだ。

 Forresterのアナリストを務めるマイク・グアルティエリ氏によると、われわれは、主にGPU(Graphics Processing Unit)がけん引するハードウェアの黄金時代に入ろうとしているのかもしれない。

GPUのニーズが増大

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。