2017年03月24日 12時00分 公開
特集/連載

「ウイルス対策ソフトがない世界」は本当にやってくるのか?何度でもよみがえるウイルス対策業界

シグネチャベースの従来型マルウェア対策製品の限界が指摘される中、マルウェア対策業界はどう動くのか。専門家に今後の見通しを聞いた。

[Peter Loshin,TechTarget]
画像 限界論がささやかれてもマルウェア対策業界はいまだ健在

 かなり前から限界論がささやかれているにもかかわらず、ウイルス対策やスパイウェア対策といったマルウェア対策業界は、意外に根強く生き残っている。TechTargetはこれまでも、マルウェア対策業界の将来について幾度か疑問を投げかけてきた。そのたびに悲観的な意見が多かったが、マルウェア対策業界は今も生き延びている。

 1999年の時点で既に、マルウェア対策ソフトウェアそのものが、悪用可能な脆弱(ぜいじゃく)性の源になるという調査報告があった。広く普及している大手マルウェア対策製品にも、セキュリティ上の重大な欠陥が次々と見つかっている。それにもかかわらず、マルウェア対策業界は盛況とはいえないまでも健在だ。

 シグネチャに基づくマルウェア対策製品業界は、既に限界を迎えたも同然なのか。従来型のマルウェア対策製品は姿を消し、機械学習や人工知能を利用する新しい脅威検知に置き換わるのか。セキュリティカンファレンス「RSA Conference 2017」で、専門家や関係者にマルウェア対策業界の将来について意見を聞いた。

何度でもよみがえるマルウェア対策業界

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...