2017年04月18日 12時00分 UPDATE
特集/連載

各ツールの長所と短所を解説「コンテナオーケストレーション」ツールを比較 AWS、Google、Microsoftのどれが最強? (1/2)

Amazon Web Services、Google、Microsoftの3大クラウドベンダーは、いずれもDockerコンテナの配備や監視を支援する「コンテナオーケストレーション」ツールを提供している。各ツールの機能を比較する。

[George Lawton,TechTarget]
画像 3大クラウドベンダーのコンテナオーケストレーションツールはどう違うのか

 現代の企業のIT部門をもってしても、堅牢(けんろう)な分散型システムを開発するのは困難だ。コンテナ(アプリケーションの実行に必要な要素をまとめた環境)管理ソフトウェアの「Docker」は、このような分散型システムの基本コンポーネントを標準化し、構成と管理の複雑さを軽減した。

 IT部門は、市販業務アプリケーションの配布を簡略化する目的でDockerを導入することが少なくない。さらにコンテナのプロビジョニング(配備)や監視を支援する「コンテナオーケストレーション」ツールを使用すると、開発者はPaaSと同様のアプローチで、Dockerのコンテナとして新しいエンタープライズアプリケーションを導入できるようになる。

 クラウドベンダーが提供しているコンテナオーケストレーションツールには、Amazon Web Services(以下、AWS)の「Amazon EC2 Container Service」(以下、Amazon ECS)、Googleの「Google Container Engine」、Microsoftの「Azure Container Service」などがある。各サービスは企業にとって、さまざまな長所と短所を備えている。

Amazon ECS

 Amazon ECSは他のAWSのサービスと密接に連携して、セキュリティ対策やストレージ、ログ記録、拡張性を実現する。各サービスのイベントやトリガーに反応し、コンテナやアプリケーションのパフォーマンスを監視しながら、新しいインスタンスを起動したり、終了したりする。AWSリソースの自動構築ツール「AWS CloudFormation」とも密接に連携し、開発者はAWS CloudFormation用のテンプレートを作成して、コンテナの動作を細かく調整できる。

 全てのインフラをAWSへ集約した企業は、Amazon ECSを使用してアプリケーションを迅速に導入できる可能性が高い。だが全面的にAmazon ECSのツール群に依存すると、ベンダーロックインの問題が生じる恐れもある。一方でAWS以外のインフラで運用しているシステムがある場合、例えばAmazon ECSを使ってプライベートクラウドで実行しているアプリケーションやSaaSのイベントに対処するのは難しい。他のコンテナオーケストレーションツールの併用が必要になるだろう。

ハイブリッド導入向けのGoogle Container Engine

 Google Container Engineは、Dockerコンテナのクラスタリソース管理ツール「Kubernetes」をエンジンとして実装したコンテナオーケストレーションツールだ。Googleは「Gmail」「Google検索」「Googleマップ」など、高い拡張性を誇る同社アプリケーションをコンテナで動作させており、Google Container Engineにもそのノウハウを生かしている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。