2016年02月15日 12時00分 公開
特集/連載

「Docker」活用の鍵、コンテナ管理ツールの使いこなし術代表的なツールとは?(1/2 ページ)

「Docker」などのコンテナを使用する上で管理ツールは欠かせない。コンテナ対応アプリケーションを管理するツールには、「コンテナクラスタマネジャー」と「コンテナ運用マネジャー」の2種類がある。

[David Linthicum,TechTarget]

関連キーワード

Docker | API


ホストOS型とコンテナ型の違い(参照:1回で分かる:仮想化とは違うコンテナ技術「Docker」って何?)《クリックで拡大》

 「Docker」などのコンテナを使用してアプリケーションを構築および移行しようとしているなら、コンテナ管理ツールの必要性はすぐに分かるはずだ。コンテナ管理ツールは、コンテナの操作と拡張の管理だけでなく、コンテナのパフォーマンスとセキュリティの監視にも役立つ。

 コンテナ管理には多くの作業が伴うが、その第一歩が管理ツールの選択だ。コンテナ対応のアプリケーションを管理するツールには、「コンテナクラスタマネジャー」と「コンテナ運用マネジャー」の2種類がある。

コンテナクラスタマネジャー

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...