2017年07月28日 05時00分 公開
特集/連載

Androidアプリのセキュリティ検査に機械学習を活用 Googleが挑戦アプリ開発者の隠れた動機を見抜く(2/2 ページ)

[Michael Heller,TechTarget]
前のページへ 1|2       

疑問が残る実効性

 パターソン氏によると、例えば「Words With Friends」といったゲームアプリを販売するベンダーは、GPS(全地球測位システム)による位置情報のような詳しい情報について、収集する必要性を正当化する機能を簡単に組み込める。「Googleは、モバイルアプリ開発者に隠れた動機がないかどうかを監視しようとするだろう」と同氏は語る。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

news129.jpg

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。