2017年06月22日 05時00分 公開
特集/連載

危険なアプリと安全なアプリ、ビジネスで使う際はどう見極めるべき?セキュリティを考慮したリスクアセスメント

モバイルアプリのリスクアセスメントを実施すると、業務上利用しても問題ないかどうかが判断でき、セキュリティ向上につながる。専門家がモバイルアプリのリスクアセスメント方法を解説する。

[Christopher Crowley,TechTarget]

 モバイルアプリケーション市場は急成長している。2017年3月の時点で「Android」で利用できるアプリの数は約280万本、Appleの「App Store」が提供するアプリの数は約220万本だ。

 これだけ多くのアプリが出回っていると、企業が業務利用に許可するアプリを選別するのは難しい。どれほど便利なアプリであっても企業のセキュリティリスクを高めるものもある。だからこそ、モバイルアプリケーションアセスメントを実施するのがセキュリティチームの役目となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...