2017年08月29日 05時00分 公開
特集/連載

Amazon元幹部が医療分野に挑戦 「今の医療には “顧客目線”が足りない」治療に対する満足度を高めるテクノロジー

Amazonの元幹部、ティッソン・マシュー氏が医療分野に参入し、Amazon時代に培った経験を医療分野に生かそうとしている。医療のコンシューマライゼーションを実現する方法について、同氏に話を聞いた。

[Kristen Lee,TechTarget]

 Amazon.comの元幹部、ティッソン・マシュー氏が同社で率いていたのは、「Amazon Prime Now」「Amazonフレッシュ」「Amazon Flex」を動かす同社の物流システムを構築、運用するチームだった。現在は、米国カリフォルニア州のメディケアアドバンテージプラン(注1)プロバイダーであるAlignment HealthcareでCTO(最高技術責任者)を務め、Amazon時代に培った経験を医療分野に生かそうとしている。

※注1:米国連邦政府が管理している公的医療保険制度「メディケア」にはパートA、B、C、Dの4種があり、パートCを「メディケアアドバンテージプラン」と呼ぶ。HMO(Health Maintenance Organization:健康維持機構)、PPO(Preferred Provider Organization:保険会社が契約を交わした医師や病院など医療サービス提供者のグループ)、その他民間医療保険会社がメディケア加入者に対して提供するプランのこと。

 同氏に、Amazonで学んだこと、それによって医療分野にもたらせると考えている価値、主に医療のコンシューマライゼーション(業務において消費者向け製品の使用が浸透している状態)についてインタビューした。

―― Amazonで学んだどのようなことが、医療分野に価値をもたらすとお考えですか。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。