「Windows 10 Fall Creators Update」を徹底レビュー、「ペイント3D」よりわくわくする機能は?一押しは「Windows Story Remix」(1/2 ページ)

「Windows 10」の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」の豊富な機能を実際に利用してみた。数ある機能の中で「一番の目玉」といえるものは何か。

2017年11月11日 05時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]
画面 画面1 Win10FCUの強化点をチェック(画面は全て英語版)《クリックで拡大》

 待望の「Windows 10 Fall Creators Update」(以下、Win10FCU)をMicrosoftがリリースした(画面1)。本稿ではこの「Windows 10」の大型アップデートを試し、これをすぐにインストールすべきか、次を待つべきかを読者が判断できるよう、情報を提供する。

 Microsoftは「Creators Update」という名前を重要視している。Win10FCUには、特にオンラインストレージ同期サービス「OneDrive」の新機能「Files On-Demand」など、ビジネスプロフェッショナルが好みそうな機能を含むのは確かだ。だが「Windows Story Remix」「マジック選択」(いずれも詳細は後述)など変更点の多くは、Windows 10搭載PCで楽しく遊びたい、一般エンドユーザーのメリットに目を向けている。タッチスクリーンやスタイラスペンを備えたクライアントPC向けの機能も強化している。

 本稿では、Win10FCUをさまざまな用途に使用して、新しい機能を試してみた結果をお知らせする。

OneDriveのFiles On-Demand

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...