2017年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

“IoT疲れ”が深刻化 解消の鍵は分断した基盤の融合つながりそうでつながらない

多機能なIoTデバイスやクラウドサービスがそろっているはずなのに、1つ作業を行うには複数のデバイスやサービスをユーザー自身が組み合わせる必要がある――ユーザーが感じるIoT疲れを解消するには?

[Tim Sherwood,TechTarget]
音声を使ってIoTデバイスを操作できるAmazon Echo《クリックで拡大》

 米調査会社のGartnerは、2020年までに世界中で約210億台のコネクテッドデバイスが使用されると予測している。これには、スマートテレビや車載エンターテインメントシステムなどの消費者向け製品、工場で必要なメンテナンスや発電所からの電気を効率的に配分する産業向けアプリケーションを含む。これらのアプリケーションが相互に情報をやりとりする能力は、コミュニケーションの新しい方法を提案し、企業に新規または追加の収益を得る機会を提供する。

 しかし、特に産業的観点から見ると、企業が複数のエンドポイント(顧客、パートナー、従業員、アセット)とつながるためのベストプラクティスを模索するに当たり、新しいタイプのプラットフォームの普及は進んでいない。クラウドをベースにしたモバイルファースト戦略への移行は、世界中に広がる顧客、従業員、アセットとの接続を最適化する一方で、状況をより複雑化させている。

 エネルギー産業を例に取ってみよう。この業界では、あまりにも多くの組織がアナログで、老朽化した時代遅れのインフラを今でも運用している。そろそろ、公益事業会社は、この“ポンコツ”アセットをデジタルなスマートアセットへ移行する時である。センサーやデジタル制御システムを含む新テクノロジーは、リアルタイムデータを利用した効率的な運用により、発電効率を高めることが可能で、信頼性と最適化向上のための貴重な予測的洞察も提供できる。

 その中で産業界が直面している最大の課題は、IoT(モノのインターネット)をサポートするさまざまな技術的オプションが断片化していることだ。多くの異なる通信規格と技術が混在し、それぞれが異なるアプリケーションに適用できることで、IoTのコンセプトに説得力がなくなってきている。実際、調査会社のForresterは2017年、同社のデザインチームが、社内のさまざまなIoTデバイス一式をサポートするために、19以上の新しいワイヤレス接続の選択肢とプロトコルを調査したと説明している。

 これはまるで、多くの島々を持つ群島のようなものだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...