個人データをバックアップするなら? ベストプラクティス3選バックアップは定期的に

あなたのデータは安全だろうか。バックアップのベストプラクティスには、データの定期バックアップや、異なる種類のドライブとメディアの活用などがある。

2018年02月25日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

ハードディスク | バックアップ


画像 「バックアップ/リカバリーの重要項目」と「バックアップ/リカバリーの不満項目」(出典:TechTargetジャパン、2017年3月「企業のバックアップ/リカバリー環境に関するアンケート調査」)《クリックで拡大》

 データバックアップには多数のベストプラクティスがある。本稿では個人がデータのバックアップをする上で特に重要なプラクティスを3つ紹介する。

 HDDの障害が発生したり、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃の結果としてデータが勝手に暗号化されてしまったりした場合、前回バックアップをした以降に作成または変更したデータは全て利用できなくなる可能性がある。そのため、使用しているデータは定期的にバックアップする必要がある。それをしないのは、個人が自身のデータに関して犯す最も一般的な間違いだ。

 個人データバックアップのベストプラクティスの2つ目は、バックアップしたデータを必要に応じて実際に復元できるかどうかをテストすることだ。例えば、古いPCや仮想マシンにデータの復元を試みて、適切に機能することを検証する。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...