2018年02月26日 05時00分 公開
特集/連載

NVMe登場で早まる第1世代フラッシュストレージのリプレース時期、なぜ今なのか?高速大容量化するも「データの交通渋滞」が課題に(2/2 ページ)

[George Crump,TechTarget]
前のページへ 1|2       

何を求めるべきか

 次のフラッシュストレージシステム購入への第一歩は、ストレージシステムの3つのタイプ、すなわち全社的なストレージシステム、特定の環境をサポートするシステム、アクセス頻度が低いデータを保存するセカンダリーストレージシステム(もしくは連携する別システム)のうち、どれを購入するか決めることだ。

 重要なのは、ほとんどの企業にとって、オールフラッシュのデータセンター構築は現実的でないことを理解することだ。プライマリーストレージのオールフラッシュ化は実用的ではあるが、オールフラッシュのデータセンターとは全くの別物だ。ほとんどの企業では、社内データの80%以上は1年以上アクセスされておらず、そうしたデータをフラッシュに保存するのは、IT予算の浪費になる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...