スマートフォンを管理する技術 MDM導入シナリオを3ステップで解説「モバイルデバイス管理」(MDM)でデータ、システム、接続を保護せよ(2/2 ページ)

2018年03月07日 05時00分 公開
[Matthew PascucciTechTarget]
前のページへ 1|2       

MDM製品シナリオ(2):デバイス保護

 データのセキュリティを確保したら、MDMによってモバイルデバイス自体を保護する方法を確認する。スマートフォンやタブレットのセキュリティが確保されていないと、ネットワークの感染やデータの侵害につながる恐れがある。そのため、これも重要なトピックだ。

Jailbreak/root化の検出

 ほとんどのMDMシステムでは、ユーザーがiOSの「Jailbreak(脱獄)」またはAndroidの「root化」(スマートフォンやタブレットの正規の使用法や管理から逃れる目的でOSを改変したり、端末の管理者権限を取得したりする行為)を試みた場合に警告を管理者に送ることができる。Jailbreak/root化されたモバイルデバイスでは製造元が意図していない機能の他、IT部門や企業が承認していない機能を実行することが可能になる。例えば、管理者権限でのアクセス、アプリストア以外からのアプリのダウンロードやインストール、マルウェアの実行などだ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。