2019年02月05日 09時00分 公開
特集/連載

企業内で検討すべき さまざまな「NVMeアプローチ」6選HCIやオープンコンバージェンスなど(2/3 ページ)

[Chris Evans,TechTarget]

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)

 では、NVMeの低遅延、高スループット、高並列化されたI/Oがどのように企業に役立つかを確認しよう。

 まず「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)システムに対するNVMeの影響からだ。HCIのメリットはサーバとストレージを同じ場所に配置できることだ。FCかイーサネットを経由させる必要がある共有ストレージに比べ、I/Oの遅延が少なくなる。このように構成が局所化するとアプリケーションの動作が速くなる。読み取りI/Oが多いアプリケーションでは特に効果があるだろう。

 HCIは遅延の削減と高帯域幅によるメリットを得られるため、NVMeによってパフォーマンスが向上する。ただ、書き込みI/Oの管理方法については注意点がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...