2019年02月05日 09時00分 公開
特集/連載

企業内で検討すべき さまざまな「NVMeアプローチ」6選HCIやオープンコンバージェンスなど(2/3 ページ)

[Chris Evans,TechTarget]

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)

 では、NVMeの低遅延、高スループット、高並列化されたI/Oがどのように企業に役立つかを確認しよう。

 まず「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)システムに対するNVMeの影響からだ。HCIのメリットはサーバとストレージを同じ場所に配置できることだ。FCかイーサネットを経由させる必要がある共有ストレージに比べ、I/Oの遅延が少なくなる。このように構成が局所化するとアプリケーションの動作が速くなる。読み取りI/Oが多いアプリケーションでは特に効果があるだろう。

 HCIは遅延の削減と高帯域幅によるメリットを得られるため、NVMeによってパフォーマンスが向上する。ただ、書き込みI/Oの管理方法については注意点がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...