2018年12月06日 05時00分 公開
特集/連載

データセンターでどう導入するのかストレージ環境を一変させるNVMe、その投資タイミングはいつ?

NVMe(Non-Volatile Memory Express)はSCSIに代わるストレージプロトコルとして、ストレージの応答性向上、遅延解消などが期待できる。ただしデータセンターでNVMeを導入するには綿密な計画が必要だ。

[George Crump,TechTarget]
画像

 NVMeはメモリベースのストレージ専用に設計されたストレージプロトコルだ。フラッシュ技術の潜在能力を最大限に引き出すことを可能にし、ITインフラの在り方を変える可能性を秘めている。この技術をデータセンターに導入し、潜在能力を最大限引き出すのは数年がかりの作業になる。時間はかかっても、1つずつ段階を踏めば、データセンターのパフォーマンスを向上させられる地点まで到達できるだろう。

 NVMeはストレージプロトコルのSCSIに代わる業界標準になる可能性がある。SCSIに比べて利用できるコマンド数がはるかに多い上、コマンドキュー(コマンドの待ち行列)の処理能力も高い。NVMeのメリットの一つは、遅延が短くなることでストレージの応答性が上がることだ。ストレージの相互接続にシリアルインタフェースPCIe(Peripheral Component Interconnect Express)を使用できる点もNVMeのメリットだ。

 NVMeはドライブのインターコネクトとして、またストレージのネットワークプロトコル「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)としても利用できる。ネットワークプロトコルとしては、イーサネットやファイバーチャネル(FC)のネットワークがローカルストレージ並みの速度でデータ転送することを実現する。

 データセンターでNVMeの可能性を最大限生かすには、幾つかのステップを踏まなければならない。

データセンターにNVMeを導入する最初のステップ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。