ストレージ環境を一変させるNVMe、その投資タイミングはいつ?データセンターでどう導入するのか

NVMe(Non-Volatile Memory Express)はSCSIに代わるストレージプロトコルとして、ストレージの応答性向上、遅延解消などが期待できる。ただしデータセンターでNVMeを導入するには綿密な計画が必要だ。

2018年12月06日 05時00分 公開
[George CrumpTechTarget]
画像

 NVMeはメモリベースのストレージ専用に設計されたストレージプロトコルだ。フラッシュ技術の潜在能力を最大限に引き出すことを可能にし、ITインフラの在り方を変える可能性を秘めている。この技術をデータセンターに導入し、潜在能力を最大限引き出すのは数年がかりの作業になる。時間はかかっても、1つずつ段階を踏めば、データセンターのパフォーマンスを向上させられる地点まで到達できるだろう。

 NVMeはストレージプロトコルのSCSIに代わる業界標準になる可能性がある。SCSIに比べて利用できるコマンド数がはるかに多い上、コマンドキュー(コマンドの待ち行列)の処理能力も高い。NVMeのメリットの一つは、遅延が短くなることでストレージの応答性が上がることだ。ストレージの相互接続にシリアルインタフェースPCIe(Peripheral Component Interconnect Express)を使用できる点もNVMeのメリットだ。

 NVMeはドライブのインターコネクトとして、またストレージのネットワークプロトコル「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)としても利用できる。ネットワークプロトコルとしては、イーサネットやファイバーチャネル(FC)のネットワークがローカルストレージ並みの速度でデータ転送することを実現する。

 データセンターでNVMeの可能性を最大限生かすには、幾つかのステップを踏まなければならない。

データセンターにNVMeを導入する最初のステップ

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...