2019年03月07日 05時00分 公開
特集/連載

業界特化型、ゼロクライアントなどさまざま主要15社のシンクライアントを徹底比較 Chromebook、Raspberry Piもあり? (2/4)

[Ed Hardy,TechTarget]

Centerm Information

 中国を拠点とするCenterm Informationは、日本を除くアジア太平洋地域最大のシンクライアントサプライヤーだ。

 同社はゼロクライアントとデスクトップ型シンクライアントを提供する。デスクトップ型では、ARMベースのプロセッサとIntel x86プロセッサのいずれかが実行される。また、シンクライアントがディスプレイに組み込まれるオールインワンデバイスも幾つか製造する。この種のデバイスは小売業界に普及している。

Google

 教育分野ではデスクトップ型シンクライアントが普及している。Googleは「Chromebook」でこの分野に進出し始めている。ChromebookはGoogleが開発した「Chrome OS」を実行するモバイルシンクライアントシステムだ。Chromebookが実行するのはWebブラウザのみだ。だが、このWebブラウザが、サーバからアクセスできる多種多様なソフトウェアを実行できる。

 HP、Dell、Acer、ASUS、Lenovo、Samsung Electronics(以下、Samsung)などの多数の企業がChrome OSのライセンスを取得している。これら企業の大半が、複数のモデルのシンクライアントを製造する。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...