2019年03月07日 05時00分 公開
特集/連載

主要15社のシンクライアントを徹底比較 Chromebook、Raspberry Piもあり?業界特化型、ゼロクライアントなどさまざま(2/4 ページ)

[Ed Hardy,TechTarget]

Centerm Information

 中国を拠点とするCenterm Informationは、日本を除くアジア太平洋地域最大のシンクライアントサプライヤーだ。

 同社はゼロクライアントとデスクトップ型シンクライアントを提供する。デスクトップ型では、ARMベースのプロセッサとIntel x86プロセッサのいずれかが実行される。また、シンクライアントがディスプレイに組み込まれるオールインワンデバイスも幾つか製造する。この種のデバイスは小売業界に普及している。

Google

 教育分野ではデスクトップ型シンクライアントが普及している。Googleは「Chromebook」でこの分野に進出し始めている。ChromebookはGoogleが開発した「Chrome OS」を実行するモバイルシンクライアントシステムだ。Chromebookが実行するのはWebブラウザのみだ。だが、このWebブラウザが、サーバからアクセスできる多種多様なソフトウェアを実行できる。

 HP、Dell、Acer、ASUS、Lenovo、Samsung Electronics(以下、Samsung)などの多数の企業がChrome OSのライセンスを取得している。これら企業の大半が、複数のモデルのシンクライアントを製造する。

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...