2019年03月07日 05時00分 公開
特集/連載

主要15社のシンクライアントを徹底比較 Chromebook、Raspberry Piもあり?業界特化型、ゼロクライアントなどさまざま(4/4 ページ)

[Ed Hardy,TechTarget]
前のページへ 1|2|3|4       

NComputing

 NComputingは、スティックPCをクライアントやサーバ製品に組み込む。以前は独自のプロセッサやクライアントハードウェアを設計していたが、研究開発コストが高くなり、2年をかけて新しいシンクライアントに開発を切り替えた。これを契機に同社の方針は変わっている。

 「2年前、当社は基本的に『Raspberry Pi 3』デバイスを利用して商用の信頼性が高い企業向けシンクライアントを開発するプロジェクトに乗り出した」と話すのは、NComputingで最高技術責任者(CTO)を務めるリチャード・シャー氏だ。

 NComputingのシンクライアントの基盤となるRaspberry Pi 3コンピュータは安価なため、同社が用意するオプションも非常に安価になっている。例えば、「RX300」は約99ドルで入手できる。

前のページへ 1|2|3|4       

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...