2019年03月07日 05時00分 公開
特集/連載

業界特化型、ゼロクライアントなどさまざま主要15社のシンクライアントを徹底比較 Chromebook、Raspberry Piもあり? (4/4)

[Ed Hardy,TechTarget]
前のページへ 1|2|3|4       

NComputing

 NComputingは、スティックPCをクライアントやサーバ製品に組み込む。以前は独自のプロセッサやクライアントハードウェアを設計していたが、研究開発コストが高くなり、2年をかけて新しいシンクライアントに開発を切り替えた。これを契機に同社の方針は変わっている。

 「2年前、当社は基本的に『Raspberry Pi 3』デバイスを利用して商用の信頼性が高い企業向けシンクライアントを開発するプロジェクトに乗り出した」と話すのは、NComputingで最高技術責任者(CTO)を務めるリチャード・シャー氏だ。

 NComputingのシンクライアントの基盤となるRaspberry Pi 3コンピュータは安価なため、同社が用意するオプションも非常に安価になっている。例えば、「RX300」は約99ドルで入手できる。

前のページへ 1|2|3|4       

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...