「デジタルワークスペース」製品選びで必ず比較したい5つの機能必要な機能を見極めるポイントを解説

理想的なデジタルワークスペース製品に必要な要素は5つに絞ることができる。この5つの機能に焦点を当てて吟味すれば、自社のニーズにかなう適切な製品を選択できるだろう。

2019年05月10日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

Citrix | VMware


画像

 デバイスを問わずにアプリケーションやデータを利用できるようにする「デジタルワークスペース」製品の導入を検討しているIT部門は、その機能について吟味する必要がある。そうしなければ、管理者のニーズもエンドユーザーのニーズも満たせない製品を選んでしまう可能性があるからだ。

 管理者がデジタルワークスペース製品を選定するに当たり、検討すべき重要な機能には、次の5つがある。役に立つ製品を選ぶためには、こうした必要な機能が使えるかどうかを調べる必要がある。

  • デバイス管理
  • アプリケーションとサービスの管理
  • ユーザー管理とアクセスコントロール
  • セキュリティとプライバシー
  • モニタリングと分析

デバイス管理

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...