Rubrik、非構造化データバックアップIgneousの技術を買収 その理由は?TechTarget発 世界のITニュース

Rubrikは、非構造化データ向けバックアップを手掛けるスタートアップIgneous Systemsが持つ主要技術とIPを買収した。なぜRubrikは買収に踏み切ったのか。

2021年02月09日 05時00分 公開
[Johnny YuTechTarget]

関連キーワード

運用管理


 バックアップベンダーのRubrikは2020年12月16日(現地時間) 、非構造化データ向けバックアップ のスタートアップ(創業間もない企業)であるIgneous Systemsの主要技術とIP(知的財産)を買収したと発表した。Rubrikは、この案件を同社の公式ブログで明らかにした。

Igneousの技術を買収する理由

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...