2021年02月09日 05時00分 公開
ニュース

Rubrik、非構造化データバックアップIgneousの技術を買収 その理由は?TechTarget発 世界のITニュース

Rubrikは、非構造化データ向けバックアップを手掛けるスタートアップIgneous Systemsが持つ主要技術とIPを買収した。なぜRubrikは買収に踏み切ったのか。

[Johnny Yu,TechTarget]

関連キーワード

運用管理


 バックアップベンダーのRubrikは2020年12月16日(現地時間) 、非構造化データ向けバックアップ のスタートアップ(創業間もない企業)であるIgneous Systemsの主要技術とIP(知的財産)を買収したと発表した。Rubrikは、この案件を同社の公式ブログで明らかにした。

 米TechTargetの取材に対してRubrikの幹部は、Rubrik製品とIgneous製品の統合計画やIgneousブランドの維持方針、Igneousの経営陣は全て「未定」だと述べた。買収に至るまでのIgneousの財務状況やIgneousに支払った金額も明らかにしなかった。

Igneousの技術を買収する理由

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...