2018年11月08日 05時00分 公開
特集/連載

データ可視化とコンプライアンスを強化Druva、Commvault、Veritasのバックアップ新機能とは データ管理を統合した3社を紹介

企業にとってデータは極めて重要だ。バックアップベンダーがコンプライアンスやデータ分析など、データのライフサイクル全体に関わる優れた機能を提供しようと模索している。

[Brien Posey,ITmedia]
画像

 過去数十年、バックアップ市場で注目されてきたのは、リダンダントコピー(冗長データ)の作成によるデータ保護だった。

 リダンダントコピーが、依然としてバックアップシステムの主要機能であることは間違いない。だがバックアップベンダー各社が、自社のソフトウェアやサービスに新しい機能を組み込む事例が広がっている。例えば最近、数社のバックアップベンダーが自社製品にデータ管理機能を追加した。

 データ管理の定義はまだ曖昧だが、通常はデータのライフサイクル全体に関わるさまざまなプロセスを意味する。例えばデータの作成、保存、検証、分析、保護などのプロセスが該当する。

データ管理機能を提供するベンダー3社

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。