Druva、Commvault、Veritasのバックアップ新機能とは データ管理を統合した3社を紹介データ可視化とコンプライアンスを強化

企業にとってデータは極めて重要だ。バックアップベンダーがコンプライアンスやデータ分析など、データのライフサイクル全体に関わる優れた機能を提供しようと模索している。

2018年11月08日 05時00分 公開
[Brien PoseyITmedia]
画像

 過去数十年、バックアップ市場で注目されてきたのは、リダンダントコピー(冗長データ)の作成によるデータ保護だった。

 リダンダントコピーが、依然としてバックアップシステムの主要機能であることは間違いない。だがバックアップベンダー各社が、自社のソフトウェアやサービスに新しい機能を組み込む事例が広がっている。例えば最近、数社のバックアップベンダーが自社製品にデータ管理機能を追加した。

 データ管理の定義はまだ曖昧だが、通常はデータのライフサイクル全体に関わるさまざまなプロセスを意味する。例えばデータの作成、保存、検証、分析、保護などのプロセスが該当する。

データ管理機能を提供するベンダー3社

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...