2018年07月31日 05時00分 公開
特集/連載

説明責任を果たすための質問付きGDPRに即したバックアップとデータ保護、今すぐ実践したい5ステップ

もう時間はない。欧州連合(EU)の「一般データ保護規則」(GDPR)に定められた厳格なデータ保護規則にどのように従うべきかまだ決めかねているのなら、とにかく行動を起こすべきだ。これには保存とバックアップが重要な役割を果たす。

[John Edwards,TechTarget]
画像 GDPR後のバックアップはどうあるべきか《クリックで拡大》

 時間は刻一刻と経過し、企業は対策を迫られている。

 2018年5月25日から、欧州連合(EU)加盟国の居住者に関するデータを収集する組織は、新たに定められた厳格なデータ保護規則の順守を求められるようになった。この「一般データ保護規則」(GDPR)という規則は、消費者のデータに関する権利について新しい基準を定めるものだ。同時に、そのようなデータを扱う企業に対して、規則に準拠するストレージシステムとプロセスの作成を要求するものでもある。

 本稿では、GDPRに準拠したバックアップ/保存戦略を完了していない企業向けに今すぐ実践すべき5つの重要なステップを紹介する。

マッピングを開始する

 GDPRのバックアップ/データ保存要件に準拠し、プライバシーリスクを評価するには、データと情報の流れの全体像を描く必要がある。

 アプリケーションからストレージへのデータの流れを正確かつ詳細に対応付けて理解すれば、LUN(Logical Unit Number)ファイルシステムやオブジェクトストアなど、何を使用していても、あらゆるアプリケーションを物理ストレージに確実にマッピングできる。このようにすれば、バックアップをアプリケーションに関連付けることも可能だ。

説明責任を果たす

 GDPRでは、EU居住者の情報を収集/保存する組織に対して、個人データ保護に関する説明責任を課している。

 GDPRでは、収集/保存するデータに対する説明責任も規定されている。ほとんどの場合、以下の質問に答えることができれば、GDPRのバックアップ/データ保護要件を順守しているといえよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...