2018年07月10日 05時00分 公開
特集/連載

IT部門は何ができるか最大のリスクは「ユーザー」と「GDPR」 専門家が語るクラウドセキュリティの危機

「企業がクラウドのセキュリティ脅威に対策するよりも、クラウドの成長は早い」と専門家達は口をそろえる。だが、リスク管理は手の届くところにある。専門家が挙げた具体策は。

[Jason Sparapani,TechTarget]
集合写真 「Argyle 2018 CIO Leadership Forum」のクラウドセキュリティに関する議論の様子。左から:進行役のクリスティーナ・マッツォーネ氏、アリーナ・アロノバ氏、エリック・バリックロウ氏、ジェイソン・ヘイズ氏、タスネアム・ニップルワラ氏。

 団体が設立されることで、あるテクノロジーが標準になったと分かる。これは電源コンセントが登場する前から変わらない。

 208年の歴史を持つ保険会社Hartfordの例を見てみよう。損失の保護をビジネスにする同社は、クラウドコンピューティングを採用している。このテクノロジーはつい最近まで、業界を問わず企業のIT部門とビジネス部門の両方を震え上がらせていた。

 データアーキテクチャマネジャーのアッシュ・ポダー氏は、米国コネチカット州にあるHartford施設のクラウド移行をサポートしている。従来のアプリケーションをクラウドへと移し、新しいクラウドネイティブなアプリケーションを構築している。その取り組みが多くの変化を引き起こし、新しいスキルが必要になっている。新しいコーティング方法や、新しいソフトウェア開発方法も求められる。

 だが、Hartfordのクラウドへの移行作業でポダー氏はさまざまな課題に直面している。その中でも最も深刻なものがサイバーセキュリティだ。それにより、主要プロジェクトが妨げられている。

 2018年5月2日に米国ボストンで開催した「Argyle 2018 CIO Leadership Forum」でポダー氏は次のように話した。「パブリッククラウドに着手しようとしているところだ。パブリッククラウドから社内ネットワークへの接続部分を強化しようとしている。そこで計画しているのが適切な制御を整備することだ。クラウドの利用を運用アプリケーション向けに開始する前に、ネットワーク機能を強化する」

 Argyle 2018 CIO Leadership Forumの壇上に集まった少人数のIT部門の責任者が、クラウドコンピューティングセキュリティの脅威に言及した。つまり、ユーザーのプライバシーやユーザー自身の他、ユーザーを管理する方法などへのリスクについて話した。

プライバシーとクラウドセキュリティ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...