2020年12月09日 10時30分 公開
ニュース

AutoMLベンダーのDataRobot、IPO前の資金調達で評価額は27億ドル超にTechTarget発 世界のITニュース

AIベンダーのDataRobotは、IPO前の資金調達ラウンドで2億7000万ドルを調達した。同社はIPOを申請する可能性が高いという。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

データ分析


 「AutoML」(自動機械学習)を専門とするAI(人工知能)ベンダーDataRobotは2020年11月17日(現地時間)、シリコンバレーの投資会社Altimeter Capital Managementが主導するIPO(新規株式公開)前の資金調達ラウンドで2億7000万ドルを調達したと発表した。この資金調達により、DataRobotの企業価値は27億ドル以上になるという。

IPOに向けた積極買収が目立つDataRobot

 DataRobotの企業開発および戦略担当シニアバイスプレジデントを務めるイゴール・テーバー氏によると、同社は新たな資金を活用し、戦略的買収、製品開発、人材への投資を通じて、同社の企業向けAI製品を強化するのに役立てる。同社は将来のIPOの可能性が高いとテーバー氏は付け加える。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...