2022年04月07日 05時00分 公開
特集/連載

Amazon版Clubhouse「Amp」の本命用途は遊びじゃなくて“あの用途”マーケティングチャネルとしての存在感を増す音声SNS

Amazonは北米で音声SNS「Amp」のβ版を提供開始した。「Clubhouse」や「Twitter Spaces」など、音声SNSは企業の新たなマーケティングチャネルとなりつつある。アナリストが注目するAmpの用途は。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

SNS | コミュニケーション


 Amazon.comはソーシャルオーディオアプリケーション「Amp」(画像)を発表。北米市場で2022年3月に、Appleのスマートフォン「iPhone」向けのβ版を提供開始した(日本での提供時期は未定)。将来的にはAmazonの音声アシスタント「Alexa」と連携できるようにするという。

画像 画像 Amazonの音声SNS「Amp」(出典:Amazonのブログ投稿)《クリックで拡大》

アナリストが期待する「Amp」の“本命用途”

 Ampのユーザーは、自分のスマートフォンでトーク番組や音楽番組を制作・放送でき、ホストとしてリスナーからの電話も受け付けられる。リスナーのAmpユーザーは、クリエーターをフォローしたり、セッション予定をチェックしたり、大手音楽レーベルからのライセンス提供を受けた何百万曲もの楽曲ライブラリを利用したりできる。

 競合となる音声SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、Alpha Explorationの「Clubhouse」、Spotify Technologyの「Spotify Greenroom」、Twitterの「Twitter Spaces」などがある。Ampは一般消費者市場向けのツールだが、「企業が顧客にメッセージを伝える新たな手段として利用することもできる」と専門家は指摘する。例えば企業は、Ampで制作した番組でリスナーと交流し、ポジティブな体験を通じて自社のブランドに好感を持ってもらうといったことが可能になる。

 調査会社Constellation Research創業者のR・レイ・ワン氏は、音声SNSの効果は「新しいファン層を開拓するだけではない」と語る。音声SNSを活用することで、企業は「双方向コミュニケーションの体験を通じてクリエーターとファンがムーブメントを起こしたり、新しいアート作品を立ち上げたりすることができる」とワン氏は説明する。

 Clubhouseをはじめとする音声SNSを企業のマーケティング活動に利用する事例は既に幾つかある。ペットフード「Pedigree」のブランドを展開するMarsや、暗号資産(仮想通貨)取引所のCoinbaseは、Clubhouseに番組を持ったり、講演したりしている。

 調査会社ZK Research創設者のズース・ケラバラ氏によると、Ampはバーチャルイベントにも利用できる。Ampの番組では、参加者以外の人でもセッションの内容を聞いて、司会者と話したければ電話をかけることが可能だ。そうなればセッションの視聴者層は大きく広がる。数分だけ聴いて、そのセッションの内容が好きかどうかを見極めてから参加できるからだ。「参加したいセッションを前もって決めておく必要がなくなる」とケラバラ氏は説明する。

 ケラバラ氏は「Ampは、企業が顧客にリーチするために使っている既存のコミュニケーションツールに取って代わることはなさそうだ」と予想する。むしろAmpは企業コミュニケーションの取り組みの幅を広げ、顧客が企業と交流するための仕組みを増やすことができる。「Amp自体が特別に優れているというわけではないが、人々が望む選択肢が増えるのはいいことだ」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...