「恋人と安全に別れるツール」をセキュリティベンダーが開発した“なるほどの理由”「安全に別れる」ツール誕生の裏側【中編】

DV被害者を支援する団体RefugeとセキュリティベンダーAvastは、女性が安全にパートナーとの関係を終わらせるツールを提供開始した。その背景には何があるのか。ツール提供の意図とは。

2022年08月19日 08時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

セキュリティ | プライバシー


 DV(家庭内暴力)被害者を支援する団体Refugeは、セキュリティベンダーAvast Software(2021年にNortonLifeLockが買収を発表)と共同で、デジタルハラスメント(ITによる嫌がらせ)対策ツール「Digital Break-Up Tool」を公開した。Digital Break-Up Toolの狙いについて、Avastの最高情報セキュリティ責任者(CISO)ジャヤ・バルー氏は、

  • パートナー(配偶者や恋人)や元パートナーにITサービスを不正利用されないための知識を、一般市民に身に付けてもらうため

だと説明する。不正利用の対象として想定するITサービスには、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やオンラインバンキングがある。配車リクエストアプリケーション「Uber」やアスリート向けアプリケーション「Strava」のような位置情報を利用するアプリケーションも含まれる。

 私たちの日常生活は、さまざまなITサービスで営まれている。Digital Break-Up Toolは、女性がデジタルハラスメントから身を守るために、クリーンな別れ方の重要さに対する意識を高める一助となる。「われわれはDigital Break-Up Toolを開発することで、自分のデバイスの主導権を握る女性を応援し、女性がデジタルの自由を満喫できるようにしたい」とバルー氏は話す。

 暴力的な関係に悩む英国の女性に対して、Refugeは年中無休で24時間相談を受け付けている。Webサイトのフォームに情報を記入して、アドバイザーから連絡をもらうことでも相談を申し込むことができる。

 女性がオフラインでしか活動しないことを強要することが解決策であってはならないと、RefugeのCEO、ルース・デービッドソン氏は考えている。「女性が安全かつ自信を持って技術を利用できるよう支援すべきだ」(同氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...