「テレワークをやめて」と米共和党が“注文” 何を考えているのか?米政府機関の「テレワークを続けるか、やめるか」論争【前編】

米共和党は、テレワークを推進する連邦政府機関の取り組みを批判し、「政府職員はオフィスワークに戻るべきだ」と主張している。その背景には何があるのか。

2022年08月24日 08時15分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

 米国の民間企業は、オフィスワークやテレワーク、そして両方を組み合わせたハイブリッドワークといった、さまざまな働き方を採用している。米国の政府機関もその動きに追随しているが、野党である共和党は、連邦政府機関職員のテレワークを段階的に終了させたい意向を示している。

共和党はなぜテレワークを終わらせたいのか

 2022年4月28日(現地時間、以下同様)に米国人事管理局(OPM)が公開した調査データによると、2021年は連邦政府機関の文民職員(約200万人)のうち、約36%が毎日テレワークを実施していた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)以前の2019年に、毎日テレワークをしていた職員は2%のみだった。

 共和党の上院議員42人が、「連邦政府機関の公共サービス品質の問題は、テレワークに原因がある」と主張する書簡に、2021年11月4日に署名した。書簡は「連邦政府機関の職員に対面業務を再開させるために、直ちに行動を起こす」ことを要求していた。

 米下院監督・政府改革委員会の有力議員であるジョディ・ハイス氏(共和党・ジョージア州選出)は2022年7月21日、連邦職員の今後に関する公聴会で、ジョー・バイデン大統領の取り組みに矛先を向けた。バイデン大統領は、政府機関が「模範的な雇用主」となることを目指している。そのための取り組みには、民間企業と同等かそれ以上の福利厚生や、テレワークを含む働き方の選択肢を、連邦職員に与えることを含む。

 バイデン政権が掲げる「模範的な雇用主」の概念について、ハイス氏は「連邦職員を特権的な、守られた階級のように扱うためのキャッチフレーズだ」と形容する。特にテレワークに関して同氏は明確に懸念を示しており、「テレワークが省庁の実績に与える影響についての評価が一切ない」と、バイデン政権の姿勢を批判した。


 中編は、米国の政府機関にとってテレワークの推進がなぜ重要なのかを解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...