無線LANを“人感センサー”にする「Wi-Fiセンシング」とは何か「Wi-Fiセンシング」とは【前編】

無線LANの空間内の「動き」を検出する「Wi-Fiセンシング」。その仕組みとは、どのようなものなのか。ざっくりと解説する。

2022年11月21日 08時15分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

 標準化団体IEEE(米国電気電子技術者協会)は、無線LANの通信速度の高速化や帯域幅(通信路容量)の拡大、セキュリティの向上などを実現するために、新しい無線LAN企画の標準化を進めている。こうした性能面での改善とは別に、IEEEが標準化を進めているのが「無線LANセンシング」(以下、Wi-Fiセンシング)だ。Wi-Fiセンシングとは何かを紹介する。

無線LANをセンサーにする「Wi-Fiセンシング」のすごさ

 詳細の説明に入る前に、無線LANについての基礎知識を抑えておこう。ネットワークは複数のレイヤー(層)で構成される。無線LANはレイヤー1(物理層)とレイヤー2(データリンク層)で機能する仕組みで、クライアントデバイスがネットワーク接続できるよう、LAN(Local Area Network=住宅やオフィスといった限られた場所で使えるネットワーク)を構築する。大まかな説明ではあるが、Wi-Fiセンシングを理解するためにはこれで十分だと考えられる。

 Wi-Fiセンシングとは、レイヤー1で無線LANが使用する無線周波数(RF:Radio Frequency)の信号を検出(センシング)し、人の行動や空間の状況の変化を認識する技術だ。RFの信号は特定の受信域内(空間)で、絶えず「動き」の影響を受ける。動きとは人や動物、車といった物体など、あらゆるものの動きを指す。Wi-Fiセンシングは検出の精度を高めるために、高度な機械学習アルゴリズムを使っている。


 中編は、Wi-Fiセンシングの中核要素と、具体的な活用シーンを見る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...