シリコンバレー銀行の破綻で大迷惑を被ったベンダーの“嘆き節”シリコンバレー銀行破綻の余波【中編】

シリコンバレー銀行の破綻によって、ある給与計算システムが機能停止に追い込まれた。このトラブルに巻き込まれた給与計算システムベンダーが事態を振り返る。

2023年05月26日 06時15分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

金融


 2023年3月10日(現地時間、以下同じ)にシリコンバレー銀行(SVB:Silicon Valley Bank)が経営破綻したニュースは、米国企業の給与処理担当者に大きな衝撃を与えた。給与処理を代行する会計事務所の担当者は、直ちに顧客企業に事情を説明し、代替の支払い手段を確保する必要に迫られることになった。影響は、会計事務所が利用する人事・給与関連ソフトウェアのベンダーにも及んだ。

SVB経営破綻に巻き込まれたベンダーの“嘆き節”

 会計事務所Accounting Connectionsは、顧客企業の給与や課税情報を処理する際、給与計算システムベンダーPatriot Softwareの給与管理ソフトウェアに頼っていた。Patriot Softwareのソフトウェアで、Accounting Connectionsが必要な仕事をこなすためには、取引銀行の情報が必要だった。その取引銀行であるSVBが経営破綻し、結果として給与支払いに支障を来すことになった。

 Patriot SoftwareのCEOマイク・カッペル氏が公式ブログに公開したエントリ(投稿)によると、同社のユーザー企業は全米で5万5000件以上存在する。連邦規制当局がSVBの営業を停止させる前日(2023年3月10日)の時点で、同社はユーザー企業の給与と給与税1億ドル近くをSVBに預けていた。

 カッペル氏は1986年にPatriot Softwareを創設。ブログの中で同氏は、創業当時の同社の荒涼とした様子を振り返っている。同社は「暖房もエアコンもない工場の地下」で開業し、「われわれを訪ねて来るのはネズミ、鳥、ハエ、ヘビだけだった」と同氏はつづる。

 「米国政府が即座に行動を起こさなければ、壊滅的な波及効果をもたらし、とてつもない数の小規模事業所とその家族が破綻し、金融制度全体に対して取り返しのつかない信頼欠如を発生させる」。カッペル氏はブログエントリでこう警告する。

 カッペル氏は多忙を理由に米TechTargetの取材には応じなかったが「分かってもらえると思うが、私の最優先課題は当社の全顧客企業と、その従業員が自分の給与を取り戻し、支払いを受けられるようにすることにある」と説明した。


 後編は、Patriot Softwareが事態の収拾と預金の保護に向けてどう対処したのかを解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...