Googleドライブのログが残らない 専門家がGoogle Workspaceに見つけた事象とはGoogle Workspaceのセキュリティに関する専門家とGoogleの見解【第1回】

「Google Workspace」の主要エディションには、「Googleドライブ」のログ管理機能が備わっている。Mitiga Securityはこの機能で、一部エンドユーザーのログを記録できなかったと報告した。どういうことなのか。

2023年07月29日 11時30分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

 クラウドセキュリティベンダーMitiga Securityは、Googleのオフィススイート「Google Workspace」(旧「G Suite」)に関する、ある報告をした。Google Workspaceの主要エディションが備えるログ管理機能を検証したところ、オンラインストレージサービス「Googleドライブ」(Google Drive)における一部エンドユーザーの行動を、ログとして記録できないことがあったというのだ。どういうことなのか。

Googleドライブのログを記録できなかったエンドユーザーとは

 Google Workspaceの主要エディションには、ファイルのコピーや削除、ダウンロードといったGoogleドライブにおけるエンドユーザーの各種行動を記録し、ログとして管理する機能がある。外部ドメインに関係するイベントも、ログとして記録する。ユーザー企業はログを閲覧すれば、不正なアクセスがあったかどうかが分かる。

 Mitiga Securityは公式ブログで、このログ管理機能の検証結果を報告した。ログ管理機能を利用可能な、Google Workspaceの有償エディションを契約したユーザー企業を想定して検証を実施。その結果、有償エディションのライセンスを正しく適用できていないエンドユーザーについては、Googleドライブにおける行動をログとして記録しないことがあることが分かったという。攻撃者がこの事象を悪用すると、Googleドライブで攻撃対象のアカウントを侵害し、痕跡を残さずにデータの操作や盗難ができる可能性があると、同社は注意を促す。

 ログを記録できなかったのは、GoogleのIDaaS(Identity as a Service)「Cloud Identity」の無償エディション「Free Edition」のライセンスで、Googleドライブを利用するエンドユーザーの行動だ。Cloud IdentityのFree Editionは、メールサービス「Gmail」といった一部のGoogle Workspaceサービスを必要としないエンドユーザーに対して、ユーザー企業がGoogleサービスの共通アカウント「Googleアカウント」を発行する手段となる。Cloud IdentityのFree Editionのライセンスを持つエンドユーザーは、Googleドライブを利用できる。

 ユーザー企業は自社のシステムへの不正アクセスがあったかどうかを把握するために、ログを活用する。ログを取得できていないと、不正アクセスがあった場合にデータ盗難の有無はもちろん、どのようなデータが盗まれたかといったことも分からない。そのため「ユーザー企業は攻撃に対処しにくくなる」と、Mitiga Securityのセキュリティ研究員、アリエル・スザーフ氏とオール・アスピール氏は指摘する。


 GoogleはCloud IdentityのFree Editionについて、そもそも「ログ管理機能を求める組織向けには設計していない」と指摘し、Mitiga Securityの報告内容に反論している。次回以降は、Mitiga Securityが指摘するGoogle Workspaceのセキュリティリスクと、それに対するGoogleの見解を紹介する。

関連キーワード

Google | サイバー攻撃 | セキュリティ


TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。