2023年08月10日 07時15分 公開
特集/連載

オープンソースOSを独自開発する中国 “ITの米国依存”から卒業できるのか?「Windows」「macOS」以外のOSが覇権を握る?

中国のオープンソースコミュニティーopenKylinがオープンソースのデスクトップOSをリリースした。これにより中国は、ITの米国依存から脱却する狙いだ。この動きは、今後のIT市場にどのような影響をもたらすのか。

[Adrian BridgwaterTechTarget]

関連キーワード

Mac | オープンソース | OS | Windows


 中国のオープンソースコミュニティーopenKylinは、2023年7月にオープンソースのデスクトップOS「openKylin 1.0」をリリースした。中国は、Microsoftの「Windows」やAppleの「macOS」をはじめとする米国IT製品への依存を減らし、IT産業の独立性を強化する狙いがあるとみられる。この動きは、今後のIT市場にどのような影響をもたらすのか。

「ITの米国依存」脱却は進むのか?

 openKylin 1.0は「Linux」ベースのOSだ。中国の宇宙関連のプロジェクトや、金融業界、エネルギー業界など、さまざまな場面で利用が進んでいるという。

 通信社Reutersの報道によると、openKylinには約4000人の開発者が参加している。コミュニティーは活動の根幹として「自主性、平等性、協力」を維持することを誓っており、Linuxのオープンソースやソフトウェアの発展に取り組んでいる。openKylinのコミュニティー構築に関与した組織は、中国のITベンダー、非営利団体、大学など多岐にわたる。

 中国で覇権を握るOSはWindowsか、macOSか、それともGoogleの「ChromeOS」なのか、予測するのは困難だ。ただし中国において“国産IT”の勢いが増している状況は確かだと言える。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...