NTTセキュリティホールディングスがSaaS型「XDR」を提供開始NEWS

NTTセキュリティホールディングスが、あらゆる規模の企業が利用できるセキュリティサービスを2023年9月から提供する。その特徴とは。

2023年09月26日 05時00分 公開
[成澤 亜希子TechTargetジャパン]

 NTTセキュリティホールディングスは2023年9月5日、SaaS(Software as a Service)型の「XDR」(Extended Detection and Response)である「Samurai XDR SaaS」の提供を開始したことを発表した。本稿は同サービスの特徴を紹介する。

「Samurai XDR SaaS」の特徴とは?

 XDRは、クラウドサービスやネットワーク、エンドポイント(PCやスマートフォンなどの端末)などのデータを分析した上で、脅威を検出して対処する技術だ。Samurai XDR SaaSは、人工知能(AI)技術による行動分析とテレメトリーデータ(監視や分析のために収集する、システム稼働状況に関するデータ)の分析をリアルタイムで実施。脅威が侵入した初期段階での検出や、対処すべき機器やシステムの特定、対策の実施が可能になる。

 NTTセキュリティホールディングスは、NTTのグループ会社の一つだ。NTTが提供する脅威インテリジェンスを活用できるのがSamurai XDR SaaSの強みだと言える。

 Samurai XDR SaaSは申し込んだその日から利用できる。導入期間や企業規模といった変数による価格の変動や追加費用は発生しない。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。