SnapchatのChatGPTベース機能「My AI」で秘密を漏らさない“自衛策”とは?SnapchatのMy AIで考える「ChatGPT」のインパクト【中編】

Snapが「Snapchat」に追加した生成AI機能「My AI」。OpenAIの「ChatGPT」をベースにしたMy AIに対して、専門家からデータの扱い方に関する懸念が上がっている。それは何なのか。

2023年09月30日 22時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

機械学習 | SNS


 ショート動画共有サービス「Snapchat」を運営するSnapは、テキストを自動生成する人工知能(AI)技術であるジェネレーティブAI(生成AI)の機能「My AI」をSnapchatに追加した。My AIのベースになったのは、OpenAIの生成AIツール「ChatGPT」だ。実績のあるChatGPTをベースにしたMy AIに対して、好意的な評価を示す専門家がいる一方、データの扱い方に懸念を示す向きもある。どのような懸念があるのか。

「My AI」でうっかり秘密を漏らさないためには?

 「エンドユーザーがMy AIでやりとりしたチャットデータを、どのように利用するのかをSnapは明確にする必要がある」。調査会社Gartnerのアナリストであるバーン・エリオット氏は、こう主張する。

 OpenAIは、ChatGPTでのチャットデータを30日間保持する。同社は製品の誤用パターンの調査やコンテンツの改善、不具合の修正に、こうしたチャットデータを利用するという。

 Snapは2023年2月にMy AIを発表した際、同社はMy AIにおける全てのチャットデータを保存し、製品改善のために活用する可能性があることをSnapchatユーザーに警告。「My AIに秘密を打ち明けたり、個人的な悩みを相談したりしてはいけない」と注意を促した。

 学生からビジネスパーソンまでSnapchatユーザーは幅広く、ITリテラシーもバラバラだ。My AIを利用してチャットをするSnapchatユーザーは、自分が発信した情報が誰かに見られる可能性があることを「必ずしも理解していない可能性がある」と、エリオット氏は指摘する。「利用時に適切な警告がないと、エンドユーザーは自分が生成AIツールに与えた情報が、何らかの目的で利用される可能性があることに気付かない」(同氏)

 Snapは、My AIが「偏った情報や不正確な情報、誤解を招くような情報を避けるように設計した」と述べている。Snapchatユーザーは、My AIに関するフィードバックを同社に提供可能だ。


 次回は、自社製品にChatGPTを組み込むベンダー各社の動向を整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。