TechTargetジャパン

「Windows 8.1へのアップグレード」が無難な選択だが……
それでもXPから「Windows 8.1」へ移行したくない人へ贈る“3つの代替策”
既にサポートが終了した「Windows XP」。その移行先として「Windows 8.1」を検討している企業は、移行に踏み切る前に確認すべきことがある。(2014/11/11)

次第に使いやすくなるWindows 8.1
Windowsタブレット向け 細か過ぎて伝わらない「Windows 8.1 Update」ガイド
利用が増えているWindows 8.1搭載のタブレットデバイス。2014年4月に配布された最新アップデートではユーザーインタフェースなどが改良された。タブレットユーザー注目の機能を紹介する。(2014/5/2)

クラウド名刺管理「Sansan」とWindows8タブレットの組み合わせを力に
名刺情報を“宝の山”に? 徳島県のWindows 8タブレット活用術
営業を強くするクラウド名刺管理「Sansan」により、人脈情報の共有化/可視化を実現した徳島県。その取り組みを支えるのが、堅牢性と耐久性に優れ、長時間稼働が可能なWindows 8タブレットだ。(2014/1/27)

Windows 8タブレット導入事例
コヴェントリー大学がiPadを捨ててWindows 8タブレットを導入した理由
コヴェントリー大学のITサービスのローカルデリバリ責任者が、他の端末ではなくWindows 8タブレットを選んだ理由を説明する。(2013/12/5)

Windows 8.1プレビュー版解説(後編)
“お手頃デバイス”と共に登場するWindows 8.1
Windows 8.1登場で実現するのは小型のタブレットデバイスと、お手頃価格のデバイスだ――。Windows 8.1に込められた米Microsoftのモバイル戦略とは。(2013/7/19)

Windows 8.1プレビュー版解説(前編)
XP、7ユーザーのための「Windows 8.1入門」
米Microsoftは、IT管理者がOSの次期アップグレード戦略を検討できるように、「Windows 8.1」のプレビューバージョンの公開を開始した。同社の担当者は「サービスパック感覚でアップグレード可能」と語る。(2013/7/16)

PCの代わりになれないタブレット、新し過ぎるWindows 8
Windows XPからWindows 8へ移行しない人の言い分
PC市場の縮小が止まらない。原因をタブレットに求める声もあるが、事態はそう単純ではないようだ。Windows XPサポート終了など幾多の要因が絡むPC市場の先行きはいかに?(2013/9/6)

アプリ開発の互換性もWindows 8導入の障害に
Windows Blue登場のうわさ、Windows 8浸透への影響は
移行後のOSでも既存アプリケーションを問題なく実行できることが企業にとっては最も重要だ。アプリ開発の柔軟性に欠けることも、Windows 8の導入が進まない一因となっている。(2013/4/17)

2013年、Windows 8のシェアは本当に伸びるのか?
Windows 8の企業導入が進まない理由
Windows 8の企業導入はWindows 7ほどスムーズに進んでいない。2013年にはシェアが伸びるとの見方もあるが、企業がすぐに飛びつかないことには幾つか理由がある。(2013/3/26)

コンシューマー向けWindows 8ではWindows To Goも使えない
Windows 8 Enterpriseエディションを企業が選ぶべき理由
Windows 8の4つのエディションのうち、「最も安価なコンシューマー向けのWindows 8で十分なのでは」と考えるIT管理担当者もいるかもしれない。だが、企業ユースには向かない複数の理由がある。(2013/3/12)

Windows 8やWindows Phoneへの関心は薄い
「Windows 8アプリは開発しない」――米Google、決断の理由
iOSとAndroidの2大モバイルOSを前に、Windowsの存在感が低下――。米GoogleがWindows 8やWindows Phone 8向けアプリを開発しないと決めた背景には、こうした現実がある。(2012/12/28)

Windows 8はネットインストールもVMでの実行も不可?
Windows 8ライセンス条項から「VM上での実行を認める文章」が消滅
Windows 8のライセンス文書は、専門用語を避けて平易な表現が使われている。歓迎すべき施策だが、仮想マシンでのWindowsの実行を認める文章が削除されていることが話題に。Microsoftの真意は?(2012/9/20)

Windows 8はビジネスユーザーを取り戻せるか?
Windows 8タブレットが対iPad戦で直面する3つの壁
2012年10月に登場するWindows 8は、iPadからビジネスユーザーを取り戻せるだろうか? MicrosoftのSurfaceはiPadと戦えるのか? この戦いの決め手は、機能や性能以外かもしれない。(2012/7/13)

MacBook AirでもWindows 8を起動
Windows 8環境をUSBメモリで携帯できる「Windows To Go」
USBメモリにWindows 8をインストールして、外出先のPCでWindows 8を起動できる「Windows To Go」。現時点で判明している情報を整理した。(2012/3/23)

Windows 8は何種類提供されるのか?【後編】
Hewlett-Packard社内文書のWindows 8──Ultimateは廃止?
Windows 8には幾つのバージョンあるいは幾つのエディションが存在するのか。米Hewlett-Packard社内文書内の記述にヒントがある?(2012/3/22)

Windows 8は何種類提供されるのか?【前編】
不透明なWindows 8のPC版とARM版の互換性──アプリは作り直し?
Windows 8には幾つのバージョンあるいは幾つのエディションが存在するのか。PC版とARM版の互換性はどうなるのか。(2012/3/16)

Windows 8は7の正常進化型?
Windows 8 Consumer Previewに見る企業向け機能
Windows 8 Consumer Previewが発表され、各種機能の詳細が明らかになった。現時点で判明しているWindows 8の企業向け機能をまとめてみた。(2012/3/13)

タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【後編】
Windows 8タブレットが“iPadキラー”になるために越えるべき3つの壁
Windows 8タブレットは本当にiPadの牙城を崩せるのか。後編は、Windows 8タブレット普及に当たっての課題を示す。(2012/1/18)

タブレット市場の覇権を狙うWindows 8【前編】
Windows 8タブレットが“iPadキラー”になり得る理由
Windows 8の豊富な機能や特徴、ハードウェアベンダーの盛り上がりは、Windows 8タブレットがiPadの牙城を崩す原動力となる。(2012/1/13)

“Windows 8タブレット”は企業利用に耐えるか【後編】
Windows 8タブレットの恩恵を受けるのは中堅・中小企業?
Windows 8タブレットに最適な端末は何か。企業にはどの程度浸透するのか。専門家の意見を基に、Windows 8タブレットの企業利用について考察する。(2011/12/14)

“Windows 8タブレット”は企業利用に耐えるか【前編】
コスト削減効果は数万ドル? Active DirectoryによるWindows 8タブレット管理
Windows 8はタブレット向け機能を数多く搭載する。だがWindows 8タブレットは本当に企業利用に耐えるのだろうか。前編はWindows 8の機能面からその可能性を考察する。(2011/12/12)

Windows 8に向けてIT管理者が準備すべきこと(後編)
IT管理者が知っておくべきWindows 8のブート、仮想化、管理機能
Windows 8では、ブート機構にも影響の大きな変更が加えられている。IT管理者にとってこの変更は歓迎すべきものなのか、厄介事の原因となるものなのか。(2011/12/8)

Windows 8に向けてIT管理者が準備すべきこと(前編)
IT管理者がチェックすべきWindows 8の機能と仕様
Windows 8はいずれ企業にも入ってくる。このクライアントOSを管理する立場から、あらためてWindows 8の各機能を検討してみよう。(2011/12/6)

Windows 8移行のための3つのライセンス戦略(後編)
今からWindows 8のライセンスを確保する方法
Microsoftの各種ライセンスを活用することで、「現時点で」Windows 8のライセンスを確保する方法もある。(2011/11/28)

Windows 8移行のための3つのライセンス戦略(前編)
Windows 8移行を最小コストで実現する“何もしない”戦略
いずれWindows 8への移行を予定しているなら、タイミングとコストについて早期にプランすることをお勧めする。今回は3つの戦略のうちの最初の1つを紹介する。(2011/11/22)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【後編】
Windows 8のHyper-Vで必要になるライセンスとシステム
Windows 8に搭載され、機能が大幅に拡張するといわれているHyper-Vだが、仮想マシンで使用するライセンスや64ビットのホストOSが必要になるなど、幾つかの制約が存在する。(2011/11/1)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【前編】
Windows 8クライアント版に搭載されるHyper-Vの重要な新機能とは?
Hyper-Vは、Windows 8でクライアント版に搭載されるだけでなく、機能が大幅に拡張される。米Microsoftのブログ「Building Windows 8」に記載されたHyper-Vの重要な新機能を紹介する。(2011/10/28)

MicrosoftはWindows 8搭載タブレットをいつ出すのか(後編)
Dellの製品ロードマップに現れたWindows 8搭載タブレット
Windows 8搭載タブレットはいつ登場するのか? 業界を飛び交ううわさや臆測の中で、Dellの製品ロードマップがリーク。そこには「Windows 8」という文字列が記述されていた。(2011/4/1)

MicrosoftはWindows 8搭載タブレットをいつ出すのか(前編)
先を行くiPadやAndroidにどう対抗? MicrosoftがWindows 8投入を焦らない理由
2012年の登場が予想されている次期Windows。焦点となっているのはタブレット用Windowsのリリースと、そのユーザーインタフェースだ。2部構成記事の前編をお届けする。(2011/3/11)

Windows 8でIEの仮想化が実現する?
MinWinとHyper-VクライアントハイパーバイザーがWindows 8で登場か?(前編)
Windowsのマイクロカーネル「MinWin」とHyper-Vのクライアントハイパーバイザーが提供されれば、IEやレガシーアプリケーションの仮想化が可能になる。(2011/2/3)

Loading